【2018年版】気づいたらいつも使っているプラグイン

いろんなDTMブログで書かれている内容ですが、僕も書いてみたいと思います。シンセとエフェクト両方書きますが、シンセは好みが分かれるので参考程度に……。

ブラックフライデーのセールもひと段落ついて、今はクリスマスセールとかやってますね。DTMをされている方々の財布が寂しくなる時期です。

僕もいくつかプラグインを購入したりアップグレードしたりしました。すでに曲作りのためにガンガン挿入してるプラグインもあります。
個人的によく使うプラグインというのは、負荷が軽く、GUIが分かりやすく、それなりに音がいいというものがよく選ばれる傾向にあります。

それでは、順番に見ていきましょう。



シンセサイザ

Harmor / Image-Line

FLStudioを開発しているImage-Lineの加算シンセです。
加算シンセにしては使いやすく、狙った音にしやすい。
ただ他のシンセには出せない音も好き作れます。
オーディオファイルを再加工できるReSynthesis機能も強力、ずっと愛用してます。

Falcon / UVI

UVIのモンスターシンセ。
様々な合成方式のシンセ、サンプラーを搭載しておりできないことはないというレベルで色々できる。
プリセットも充実していて、そのまま使える音も多い。拡張パックのSPECTRAがとても優秀。
万能型のシンセとしてとりあえず立ち上げる。

Sylenth1/ LennerDigital

超有名なバーチャルアナログモデリングシンセ。
アナログっぽい質感はさすが、フィルターのかかり方がめちゃくちゃ好き。
とにかく分かりやすいGUIが素晴らしい。
あと長年かけて研究されつくしているので、外国人の音作り動画が無限に上がっている。素晴らしい。

Sub Destroyer / Joey Sturgis Tones

サブベース要員。
ちょっとだけサチュレーションをかけてサブベースとして使用することがほとんど。ただそのサチュレーションのかかり方がサブベースにちょうどいい。
GUIがめっちゃカッコいいよね

ダイナミクス

Maximus / Image-Line

FLStudio付属(エディションによる)のマルチバンドコンプ
負荷がとにかく軽く、どれだけインサートしてもCPU使用率が大きく変わらない。
GUIも分かりやすく、基本的なマルチバンドコンプの性能は大体網羅されている。優秀なできるやつ。

Fruity Limiter / Image-Line

FLStudio付属のリミッターですが、コンプレッサー機能も付いています。
サイドチェインを簡単に設定でき、設定もグラフィカルで分かりやすいです。
大体のトラックの最後にインサートされています。

PUNISH / Heavyocity

音をガッツリ加工したい場合のコンプはこっちを使う。
正確に言えばコンプだけじゃなくマルチエフェクターなんだけど、メインはコンプで使用。
アナログっぽい太いサウンドにしたり、独特のサウンドを作れます、
GUIがテンション上がるカッコよさ
負荷はそんなに軽くないです、けど使っちゃう。

BitterSweetPro / Flux::

音のアタック感とリリースを調整するトランジェントプラグイン
かける帯域を指定できたり、対象の音だけ抜き出して聴けたり、かゆいところに手が届く。
ほとんどのドラムにインサートしてる気がする、あとプラックとかにも。
音を前に出したい、引っ込めたいというときに入れると大体解決してくれます。

イコライザ

Pro-Q 3 / FabFilter

今回のブラックフライデーでお披露目となったイコライザ。
すでに自分の中では常用EQとなっています。
なんといっても強力なのはマスキングメータですね。他のトラックとのぶつかり具合を確認できます。
この機能を搭載しているEQは他にもあるんですが、全体的に負荷が重いです。
しかし、Pro-Q 3に関しては負荷が非常に軽く、いくつでも挿入できるほどです。その点が本当に素晴らしいです。
ほぼすべてのトラックにインサートしてます、視認性も最高。
文句のつけどころが本当にないEQです。

Oxford Dynamic EQ / Sonnox

FabFilterのPro-Q 3にもダイナミックEQは追加されましたが、それでもダイナミックEQの現役はこちらです。
理由はアタック・リリースの設定ができること、かかり方が分かりやすいこと。
(結構な値段で買ったので今更リストラできないこと)
また、サイドチェインの信号や別の帯域を入力にダイナミクスを設定できることが大きいです。
少し負荷は重いですが、かかり方は素晴らしいです。

Fruity Parametric EQ2 / Image-Line

FLStudio付属のEQ。
軽くて分かりやすい。リサイズできるので視認性も素晴らしい。
DAW付属のプラグインとして必要十分な機能が備わっている。
唯一の欠点はこの独特なアナライザに慣れてしまうこと。

リバーブ

Breeze 2 / 2CAudio

このメーカのリバーブはとても好きなのですが、CPU負荷が軒並み高い……。
その中でもこのプラグインはまだ負荷が軽く使いやすい。
音は文句なしで、残響が非常に美しいです。
基本的にセンドトラックにはこれがインサートされていて、最終的なマスタリングの段階で、同社のB2に差し替えることが多いが、Breeze 2のまま完成させることもある。

Virtual Sound Stage 2 / parallax-audio

以前記事を書いたのでそちらを参照してほしい。
ポジションの適用とコンボリューションリバーブの代わりとして使用している。

ディレイ

H-Delay / Waves

ディレイは大体これ、設定しやすいし分かりやすい。
音もいいし軽い、文句なし。

ディストーション(汚し系)

Krush / Tritik

ビットクラッシャーはほとんどこれを使用します。
ビットクラッシャーの音の変化はすごく好きで、いろんなところで使ってしまいます。
このプラグインは必要な機能がすべてそろっているし、負荷も軽い、そしてフリー! おすすめです。

Devastor 2 / D16 Group

3バンドのディストーション。
TB-303のようなアシッド感のあるディストーションサウンドを作るときにとても重宝します。分かりやすくて狙った音にしやすい。

Fruity WaveShaper / Image-Line

FLStudio付属のディストーション/サチュレーションプラグイン。
設定の仕方が超簡単。気軽にさせてササッと効果が出せる。

ステレオ系

Cyclic Panner / A.O.M Factory

パンを調整するときにステレオ感を失いたくない場合は、絶対使用してます。

Wider / Polyverse Music

音が左右から聞こえるようにしたい場合はこれを使うことが多いです。
フリーで負荷も軽くて使いやすい。モノラルのソースもステレオに変えてくれます。
ただ低音域を左右に広げてしまうと違和感があるので、Patcherでプリセットを作っています。

このように同じカットオフでLowPassとHighPassで経路を分け、
高周波側にWiderをインサートします。
Widerのかかり具合とカットオフのポイントを外部からコントロールできるようにしています。FLStudioはこういうのを自分でぱっと作れるのが嬉しいですね。

Fruity Stereo Shaper / Image-Line

FLStudio付属のステレオ処理プラグインです。
MS分離やLeft、Rightの入れ替えなど、ステレオ処理に必要なことは大体できます。

チャンネルストリップ

EVO Channel / Flux::

ドラムやベースをまとめたバストラックにインサートしています。
EQやコンプの微調整を行います。あと、ほかのトラックと位相を合わせることができます、これがすごく便利。
たまに左からしか音が聞こえなくなるバグがあるんですが、だれか解決方法教えてください。

Neutron 2 / iZotope

Track Assistant機能を試すためにインサートします。
Neutronそのものはとても重たいので、曲完成時にはほとんどささっていませんが、Track Assistantの結果を参考に、Pro-Q 3やMaximusに反映させます。

マスタリング系

Ozone 8 / iZotope

超有名なマスタリングプラグイン
Master Assistant機能をベースにマスタリングを進めていきます。
Master Assistant機能はリファレンス音源を読み込めるのがすごくいいですね。
あとStereo Imagerの効き方がすごく好きです。

Invisible Limiter / A.O.M Factory

後継のG2ではなくこちらをずっと使用しています。
Unity Gain Monitoring機能がすごくよくて、音圧と音質の境界点を見極めることができます。

Monofilter 4 / NUGEN Audio

低域の位相を合わせるプラグイン。
これを入れるだけで曲の締まりがかなり変わります。
おまじない的に入れるプラグインでもある。

まとめ

こういうのをまとめると自分の好みがわかりますね。
音よりもGUIが気に入って使っているプラグインが意外に多いことに気が付きました。
あとプラグインに使っているお金を振り返ることとなり、ちょっと気にしてしまいましたね。
今回あげたプラグインでおおむね満足しているので、追加で購入するのは今後少なくなりそうです。

いっさくこんぴを例に合作の進め方を紹介する

ヴァイオリニストの松本一策さん(@issaku_m)が企画されたコンピレーションアルバム、いっさくこんぴに参加させて頂きました。
参加者の楽曲すべてに、一策さんが演奏される生ヴァイオリンをつけるというとんでもないコンピアルバムです。
僕は今回、長らくお世話になっているItsuki(@itsuki_amakusa)さんと合作で楽曲を提供させて頂きました。

先日デモを公開したので貼っておきます。

このいっさくこんぴの楽曲制作を通して、合作の進め方と、進める上で重要なことを書いていきたいと思います。

相手を誘う

合作をするために、相手を誘います。

誘う前の準備

ちゃんとした目的を持って曲を作るためにも、なぜその人と合作をするのか決めておいた方がいいです。
いっさくこんぴでは、ヴァイオリンのメロディは僕が書くよりもItsukiさんが書いた方が素敵な曲になると感じたため、合作をお願いしました。

もうひとつ、合作に参加することで、相手にとってどんなメリット・デメリットがあるか明確にしておきましょう。

いっさくこんぴは、作ったソロヴァイオリンのパートを演奏してもらえます。これは打ち込みで曲を作っていくDTMerにとっては貴重な経験です。今まで何となくで打ち込んでいたパートが、実際に演奏するとどのように聞こえるか知ることができます。

注意すべき点は、初回提出までの期間が1か月程度だったので、その間は密に連絡を取る必要があることでした。

お誘いの連絡を送る

以上の点をふまえ、TwitterのDMに合作のお誘いを送ります。正直ドキドキです。
先ほど考慮した点をきちんと相手に伝え、合作可能かどうか判断してもらいます。

今回はDMで送りましたが、仲の良い間柄であれば直接話した方がいいと思います。
文章では伝えきれない部分や、誤解を招く可能性もあるので、直接話した方が確実です。

制作前に打ち合わせをする


Itsukiさんから快諾頂いたので、一度ボイスチャットで事前の打ち合わせをします。ボイスチャットはSkypeでもDiscordでも、なんでもいいと思います。

曲の方向性を決める

まず、今回どういった曲を作るのか話し合いました。
話題は次の通り、

  • 得意なジャンル
  • 最近気に入っている曲
  • コンピとして重要なこと
  • 作る曲のBPM

得意なジャンルは言わずもがな、最近気に入っている曲は挑戦してみたい曲でもあるので、お互い曲を紹介しあいながら方向性を詰めていきました。

また、いっさくこんぴは一策さんにヴァイオリンを弾いて頂けるので、「弾いてて楽しいメロディパートを意識しよう」というのが、大きなテーマになりました。ステージで一策さんが演奏しているのを想像しながら制作を進めていくというイメージが固まりました。

お互いの得意な分野からItsukiさんがメロディとコードワーク、僕がアレンジとミックスを担当することも決めました。

さらに、今回のコンピはアコースティック・クラシック系の作曲者の方が多数参加されていたため、かぶってしまわないようにダンスミュージック系の曲に仕上げようということも事前に決めました。

担当分野の分け方

合作でお互いがどの部分を担当するか決めるのは結構重要です。
特に、片方が作りこみすぎてしまって、もう片方の手を入れる場所がなくなるといった場合、この担当分野が明確になってない場合が多いです。
担当分野の分け方でよくみられる方法は、

  • 作曲・編曲で分ける
  • 楽器別に分ける
  • パートで分ける(Aメロ担当・Bメロ担当等)

この中で一番簡単なのが作曲・編曲で分けることだと思います。理由はデータの受け渡しが楽だからです。作曲担当の方は、編曲担当にMIDIだけ渡せば済みますし、編曲担当はそのMIDIをもとに打ち込むことができます。

それ以外の方法は、MIDIとオーディオが混在するため、ファイルの管理がややこしくなります。同じDAWを使用していても、所持していないプラグインは開けないため、データの受け渡しはオーディオが中心になります。

最後のパート別で分ける方法は、楽曲の雰囲気を統一するのが難しいです。よほど作風が似ているか、編曲力が高く、寄せる力を持っていないと、急に変わった感じが出てしまいます。

また、合作は最初に作り始めた人の色が強くでやすいです。あとから作る人は、どうしてももらったデータに合わせる形になるためです。

曲を作っていく


実際に曲を作り始めます。
今回は最初にItsukiさんからサビのメロディパートを頂きました。それをもとにアレンジを作りこみItsukiさんに返し、今度はBパート……という風に進めていきます。

実際にボイスチャットを使用して進めていくのは、週末に1回程度の頻度でした。
このとき、今どこで止まっているか、どこで悩んでいるか、どうやったら強い音になるかを相談しながら決めました。

少しお堅く書いてしまししたが、実際にはうだうだ無駄話もしながら進めてます。

制作中に大事なこと

まず、相手の担当分野には深く介入しないことが大事です。多少意見を出すのは問題ありませんが、あまりにダメ出ししたり、無断で大きく改変したりすると、空気が悪くなってお互いのモチベーションがダダ下がりします。マジで。

次に、相手からもらったデータで良いと思うところは褒めちぎりましょうモチベーションが上がります。

とにかく、お互いのモチベーションを維持し続けることが大事です。

合作のメリットとは

そんなこんなでItsukiさんとキャッチボールをしながら曲が作れました。最終的には最初のテーマで上げた、弾いてて楽しいメロディパートを作るということも、達成できたんじゃないかとも思います。
Itsukiさんとは何度か合作をさせていただいているのですが、その経験から合作の良さを語っていきます。

一人で作ってるよりもモチベが上がる

お互いが褒めあいながら曲を作ることで、曲作りに対するモチベーションが上がります。
また、相手に迷惑をかけてはいけないという責任感から曲を作るようにもなります。

他の人の曲作りの工程が見れる

普段どうやって曲を作っているのか、マウスポチポチ? キーボードを弾いて? メロディから? ドラムから? 音作りから?
いろんな人の作業工程を見て、勉強することができます。
僕はItsukiさんと作業して、「キーボードを弾けるってやっぱり強いな」と思いました。

苦手なところを補完できる

僕はメロディ作るのがかなり苦手なのですが、その点をItsukiさんにお願いすることができてとても楽でした。
送られてくるメロディが大体強い……。
反対に、Itsukiさんもメロディを送ったらアレンジが出来上がるので楽だとおっしゃられていました。
こういう風に苦手な部分を補うことができます。

楽しい

やっぱり、誰かとわいわい言いながら物を作るのは楽しいです。

合作の進め方や意識する点などを書きましたが、最終的に大事なのは相手の曲が好きかどうかだと思います。
お互い尊敬しあいながら、曲作りができるととっても楽しいと思うので、みなさんぜひぜひ色々交流してみてください!

グラフィカルに設定できる空間シミュレートプラグイン『Virtual Sound Stage 2』レビュー

昔から愛用しているプラグイン、parallax-audioの『Virtual Sound Stage 2』
あまり紹介している記事も見当たらなかったのでレビューしてみようと思います。
生楽器系の曲を作っている人で、ステレオ感の調整に困っている人におすすめです。

Virtual Sound Stage 2 の概要

  • グラフィカルに楽器の配置を決められる
  • 空間系のプラグインにしては軽い
  • PRO版とLite版の違いは部屋とマイクの種類の数
  • 同じ方向性のプラグインに比べて安い

設定しやすい、効果が分かりやすいというのがとにかく強みです。

グラフィカルに楽器の配置を決められる

トラックのエフェクトとしてVirtual Sound Stage2をさし、画面上をドラッグすることで、そのトラックの出音位置が決められます。
文章で説明しても分かりにくいので、実際にデモを聴いてもらいましょう。

これがなにもかけていないドライな音

例えばこれを右から鳴らしたい場合、Virtual Sound Stageでこのように設定します。

ただシンボルを選択してドラッグするだけで、楽器の場所を決められます。
音はこんな感じ。

もちろん、左右だけでなく奥行も調整できます。
さっきのをもっと後ろに下げてみます。

こう設定すると、音にも奥行き感が現れます。

さらに面白いのは、楽器の鳴らす方向も変更できることです。
先ほどの音を直接マイクに届けずに、後ろ向きに鳴らしてみましょう。

そうすると、間接的に聞こえる音に変わります。

このような設定を直感的にできるのが、Virtual Sound Stageの良いところです。

複数トラックにも対応

Virtual Sound Stageは複数読み込んだとき、1画面ですべてのトラックの配置が分かります。
また、ほかのトラックの位置を編集することも可能です。
一つの画面で全体を変更できるのは、微調整したときにかなり有効です。

全体の配置をサポートするシートが用意されているため、配置の参考にも使えます。
たくさん起動して整えると、こんな感じになります。


薄い白がテンプレートシート、基本的な楽器の配置を参考にできる。

空間系プラグインにしては軽い

Virtual Sound Stageはコンボリューションリバーブに分類されるエフェクトです。
一般的にコンボリューションリバーブは重いのですが、Virtual Sound Stageは負荷をあまり気にせずインサートできます。

空間シミュレートプラグインとして名前があがるものは、WaveArtsの『Panorama 5』や、Flux::の『IRCAM Spat』等がありますが、軒並み重いです(しかも高い……)。


WaveArtsの『Panorama 5』


Flux::の『IRCAM Spat』、超高機能

僕の場合、CPU負荷が軽いだけで使用頻度はかなり上がります。

PRO版とLite版の違いは部屋とマイクの種類の数

Virtual Sound StageにはPRO版とLITE版の2種類のグレードが用意されており、価格的には1万円強の違いがあります。
この2つの違いはシミュレートする部屋とマイクの種類の数です。
PRO版にはコンサートホールやスタジオ、教会などの9種類の部屋と、14種類のマイクが設定できます。
LITE版は部屋はコンサートホールのみで、マイクは4種類です。
マイクについては詳しくないので、詳細が知りたい方は公式ホームページを参照してください。

アップグレード版も用意されているので、まずはLITE版を試して、
気に入ったり必要になったらPRO版にアップグレードするという方法でもいいと思います。

同じ方向性のプラグインに比べて安い

これを見た人は、有名なオーケストラ音源メーカーであるViennaの『Mir PRO』を想像した方も多いと思います。
正直、Mir Proのパクリといってもいいほど、中身は似ています。


Vienna 『Mir PRO』

『Mir PRO』の売りはなんといっても、Vienna Ensemble Proとの連携です。
しかし、Vienna Ensemble Proを使用していない環境であれば、Virtual Sound Stageの方が機能もそこまで違わず、遥かに安いです。
Virtual Sound StageはPRO版の価格が、¥28,731です(2018/10/14現在)
それに比べてMir Proの価格は¥87,048、さらにこれだけでは使用できずRoom Packを購入する必要があります。
Room Packは一番安いものでも1万5千円程度、高いものなら3万円もします。
おそらく、Mir PROの方が動作の安定性や音の良さは軍配が上がると思うので、湯水のようにお金がある石油王はMir PROを購入すればいいと思いますが、
そうでない方は、Virtual Sound Stageをお勧めします。

まとめ

というわけで、空間シミュレータプラグインのVirtual Sound Stage 2を紹介してみました。
ミックスでステレオ処理に困っている方は、ぜひ導入することをお勧めします。
個人的には、Virtual Sound Stageの残響はできるだけ少なくして、楽器の場所決めに使用しています。残響は別途2CAudioの『Breeze2』なんかで作りこみます。
若干バグが気になる部分もありますが、かなりお気に入りのプラグインです。

公式サイトにデモ版も公開されているので、気になる人は一度試してみてください。

https://www.parallax-audio.com/

OverClock Audioのホームページとブログを開設しました

遅くなりましたが、OverClock Audioのホームページとブログを開設しました。
作った曲や参加させて頂いた作品を紹介したり、DTM関係のTipsを書いていきたいと思います。