【2018年版】気づいたらいつも使っているプラグイン


いろんなDTMブログで書かれている内容ですが、僕も書いてみたいと思います。シンセとエフェクト両方書きますが、シンセは好みが分かれるので参考程度に……。

ブラックフライデーのセールもひと段落ついて、今はクリスマスセールとかやってますね。DTMをされている方々の財布が寂しくなる時期です。

僕もいくつかプラグインを購入したりアップグレードしたりしました。すでに曲作りのためにガンガン挿入してるプラグインもあります。
個人的によく使うプラグインというのは、負荷が軽く、GUIが分かりやすく、それなりに音がいいというものがよく選ばれる傾向にあります。

それでは、順番に見ていきましょう。



シンセサイザ

Harmor / Image-Line

FLStudioを開発しているImage-Lineの加算シンセです。
加算シンセにしては使いやすく、狙った音にしやすい。
ただ他のシンセには出せない音も好き作れます。
オーディオファイルを再加工できるReSynthesis機能も強力、ずっと愛用してます。

Falcon / UVI

UVIのモンスターシンセ。
様々な合成方式のシンセ、サンプラーを搭載しておりできないことはないというレベルで色々できる。
プリセットも充実していて、そのまま使える音も多い。拡張パックのSPECTRAがとても優秀。
万能型のシンセとしてとりあえず立ち上げる。

Sylenth1/ LennerDigital

超有名なバーチャルアナログモデリングシンセ。
アナログっぽい質感はさすが、フィルターのかかり方がめちゃくちゃ好き。
とにかく分かりやすいGUIが素晴らしい。
あと長年かけて研究されつくしているので、外国人の音作り動画が無限に上がっている。素晴らしい。

Sub Destroyer / Joey Sturgis Tones

サブベース要員。
ちょっとだけサチュレーションをかけてサブベースとして使用することがほとんど。ただそのサチュレーションのかかり方がサブベースにちょうどいい。
GUIがめっちゃカッコいいよね

ダイナミクス

Maximus / Image-Line

FLStudio付属(エディションによる)のマルチバンドコンプ
負荷がとにかく軽く、どれだけインサートしてもCPU使用率が大きく変わらない。
GUIも分かりやすく、基本的なマルチバンドコンプの性能は大体網羅されている。優秀なできるやつ。

Fruity Limiter / Image-Line

FLStudio付属のリミッターですが、コンプレッサー機能も付いています。
サイドチェインを簡単に設定でき、設定もグラフィカルで分かりやすいです。
大体のトラックの最後にインサートされています。

PUNISH / Heavyocity

音をガッツリ加工したい場合のコンプはこっちを使う。
正確に言えばコンプだけじゃなくマルチエフェクターなんだけど、メインはコンプで使用。
アナログっぽい太いサウンドにしたり、独特のサウンドを作れます、
GUIがテンション上がるカッコよさ
負荷はそんなに軽くないです、けど使っちゃう。

BitterSweetPro / Flux::

音のアタック感とリリースを調整するトランジェントプラグイン
かける帯域を指定できたり、対象の音だけ抜き出して聴けたり、かゆいところに手が届く。
ほとんどのドラムにインサートしてる気がする、あとプラックとかにも。
音を前に出したい、引っ込めたいというときに入れると大体解決してくれます。

イコライザ

Pro-Q 3 / FabFilter

今回のブラックフライデーでお披露目となったイコライザ。
すでに自分の中では常用EQとなっています。
なんといっても強力なのはマスキングメータですね。他のトラックとのぶつかり具合を確認できます。
この機能を搭載しているEQは他にもあるんですが、全体的に負荷が重いです。
しかし、Pro-Q 3に関しては負荷が非常に軽く、いくつでも挿入できるほどです。その点が本当に素晴らしいです。
ほぼすべてのトラックにインサートしてます、視認性も最高。
文句のつけどころが本当にないEQです。

Oxford Dynamic EQ / Sonnox

FabFilterのPro-Q 3にもダイナミックEQは追加されましたが、それでもダイナミックEQの現役はこちらです。
理由はアタック・リリースの設定ができること、かかり方が分かりやすいこと。
(結構な値段で買ったので今更リストラできないこと)
また、サイドチェインの信号や別の帯域を入力にダイナミクスを設定できることが大きいです。
少し負荷は重いですが、かかり方は素晴らしいです。

Fruity Parametric EQ2 / Image-Line

FLStudio付属のEQ。
軽くて分かりやすい。リサイズできるので視認性も素晴らしい。
DAW付属のプラグインとして必要十分な機能が備わっている。
唯一の欠点はこの独特なアナライザに慣れてしまうこと。

リバーブ

Breeze 2 / 2CAudio

このメーカのリバーブはとても好きなのですが、CPU負荷が軒並み高い……。
その中でもこのプラグインはまだ負荷が軽く使いやすい。
音は文句なしで、残響が非常に美しいです。
基本的にセンドトラックにはこれがインサートされていて、最終的なマスタリングの段階で、同社のB2に差し替えることが多いが、Breeze 2のまま完成させることもある。

Virtual Sound Stage 2 / parallax-audio

以前記事を書いたのでそちらを参照してほしい。
ポジションの適用とコンボリューションリバーブの代わりとして使用している。

ディレイ

H-Delay / Waves

ディレイは大体これ、設定しやすいし分かりやすい。
音もいいし軽い、文句なし。

ディストーション(汚し系)

Krush / Tritik

ビットクラッシャーはほとんどこれを使用します。
ビットクラッシャーの音の変化はすごく好きで、いろんなところで使ってしまいます。
このプラグインは必要な機能がすべてそろっているし、負荷も軽い、そしてフリー! おすすめです。

Devastor 2 / D16 Group

3バンドのディストーション。
TB-303のようなアシッド感のあるディストーションサウンドを作るときにとても重宝します。分かりやすくて狙った音にしやすい。

Fruity WaveShaper / Image-Line

FLStudio付属のディストーション/サチュレーションプラグイン。
設定の仕方が超簡単。気軽にさせてササッと効果が出せる。

ステレオ系

Cyclic Panner / A.O.M Factory

パンを調整するときにステレオ感を失いたくない場合は、絶対使用してます。

Wider / Polyverse Music

音が左右から聞こえるようにしたい場合はこれを使うことが多いです。
フリーで負荷も軽くて使いやすい。モノラルのソースもステレオに変えてくれます。
ただ低音域を左右に広げてしまうと違和感があるので、Patcherでプリセットを作っています。

このように同じカットオフでLowPassとHighPassで経路を分け、
高周波側にWiderをインサートします。
Widerのかかり具合とカットオフのポイントを外部からコントロールできるようにしています。FLStudioはこういうのを自分でぱっと作れるのが嬉しいですね。

Fruity Stereo Shaper / Image-Line

FLStudio付属のステレオ処理プラグインです。
MS分離やLeft、Rightの入れ替えなど、ステレオ処理に必要なことは大体できます。

チャンネルストリップ

EVO Channel / Flux::

ドラムやベースをまとめたバストラックにインサートしています。
EQやコンプの微調整を行います。あと、ほかのトラックと位相を合わせることができます、これがすごく便利。
たまに左からしか音が聞こえなくなるバグがあるんですが、だれか解決方法教えてください。

Neutron 2 / iZotope

Track Assistant機能を試すためにインサートします。
Neutronそのものはとても重たいので、曲完成時にはほとんどささっていませんが、Track Assistantの結果を参考に、Pro-Q 3やMaximusに反映させます。

マスタリング系

Ozone 8 / iZotope

超有名なマスタリングプラグイン
Master Assistant機能をベースにマスタリングを進めていきます。
Master Assistant機能はリファレンス音源を読み込めるのがすごくいいですね。
あとStereo Imagerの効き方がすごく好きです。

Invisible Limiter / A.O.M Factory

後継のG2ではなくこちらをずっと使用しています。
Unity Gain Monitoring機能がすごくよくて、音圧と音質の境界点を見極めることができます。

Monofilter 4 / NUGEN Audio

低域の位相を合わせるプラグイン。
これを入れるだけで曲の締まりがかなり変わります。
おまじない的に入れるプラグインでもある。

まとめ

こういうのをまとめると自分の好みがわかりますね。
音よりもGUIが気に入って使っているプラグインが意外に多いことに気が付きました。
あとプラグインに使っているお金を振り返ることとなり、ちょっと気にしてしまいましたね。
今回あげたプラグインでおおむね満足しているので、追加で購入するのは今後少なくなりそうです。